新人戦の結果をどう受け止めたらいいのか分かりません。

新しいチームが厳しいのは分かってはいましたが、郡上高校に勝ってもしもほっとしていたのなら、全く心が育っていません。

 

決勝戦の選手の姿勢や心は、笠工の伝統に反する姿と言わざる得ません。

経験や技術が劣っていても、心だけは今まで負けなかったのが、今日の試合は心が全く感じることがなかったと思っています。

 

早く笠工バレーボールの心が分かる選手に育ってほしいと切に願っています。

 

何度も言わせてもらいますが、心が強い選手に早くなってください!